デジタル家電時代の「勝者と敗者」

執筆者: 2001年1月号
タグ: 中国 韓国

強みを持つ松下、ソニー、東芝。競争力を失う三菱電機、日立、中堅メーカー……「一千日で一千万台」の普及目標を掲げ、昨年十二月一日にBSデジタル放送が始まった。同放送を受信するデジタルテレビをはじめ、昨年来、DVDレコーダーやハードディスクレコーダーなど様々なデジタル家電の発売が相次ぎ、関連業界は活況に沸いているように見える。 ところが、販売現場の華々しさとは裏腹に、業績を悪化させているメーカーも少なくない。デジタル家電時代は、果たして本当に幸福への扉なのか――。家電・電機業界には今、そんな問いが投げかけられている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top