【今月の2冊】 電力王の生涯を綴った珠玉のノンフェクション

執筆者: 2001年1月号

「青臭い匂いをふんぷんとさせた、壱岐生れの若者は九十七歳で枯れ終えるまで、二度三度とどん底生活や隠遁を繰り返しながら、甦るたびに出世魚のように変身。ついには日本経済の運命を決定する回天の大事業をなし遂げた」(水木楊『爽やかなる熱情 電力王・松永安左エ門の生涯』日本経済新聞社刊 一七〇〇円) 日本人よ、爽やかなる熱情をもって生きよ――。著者は本書を世に出すことで、松永翁に成り代わりこう一喝したかったのではないか。バブル崩壊から始まる経済の低迷に萎縮し、動けない現代人の背中を押す、強烈な叱咤激励が本書には溢れている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top