ポスト江沢民争いを乱す「令計画」なる男

執筆者: 2001年2月号
タグ: 中国
エリア: 中国・台湾

 中国のポスト江沢民を狙う後継者レースは、目下のところ胡錦濤国家副主席がトップを走っている。二番手が江沢民総書記の懐刀である曾慶紅・党中央組織部長だ。 だが、ここに来て密かに中南海で注目されているダークホースが、令計画なる男だ。党中央弁公室副主任が正式な肩書き。令氏は九七年から二〇〇〇年五月まで胡錦濤氏の側近として胡弁公室で働いた人物。いわば胡氏の子飼いである。出身は胡氏と同じ共産主義青年団。胡氏の引きで党中央弁公室入りし、現在は党中枢要人のスケジュール調整など秘書的な業務を担当している。昨年七月に胡錦濤国家副主席の東南アジア歴訪に同行したのをきっかけに、外交問題や党の若返り問題などで発言力を増し、目下影響力を増大させている。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top