「山荘外交」を展開するブッシュ大統領の“怠け癖”

執筆者: 2001年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 ブッシュ米大統領が週末を必ず、メリーランド州のキャンプデービッドにある大統領山荘で過ごすことを決めた。二月にブレア英首相を山荘に招いて会談したが、今後も海外首脳との会談はキャンプデービッドで開かれるとの見方が出ている。 同大統領は「ここ(山荘)に来るとリラックスできる。政策の勉強や演説の準備もできる」と漏らし、金曜日の夜、専用ヘリでローラ夫人と山荘を訪れ、日曜の夜か月曜朝にホワイトハウスに戻るという。今のところ、ライス大統領補佐官(国家安全保障担当)、ヒューズ顧問の女性二人の同行回数が最も多く、この二人が最有力側近のようだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top