危うい「グリーンスパン依存症」

執筆者: 2001年3月号
エリア: 北米

経済政策の権力がFRB議長に集中しているだけに……[ワシントン発]二月二十八日午前八時半。米ワシントンの中心からやや東側に位置する米下院のキャノン・オフィス・ビルの二階では、金融サービス委員会のスタッフが緊張した面持ちでコピー機を動かしていた。一時間後に始まるアラン・グリーンスパン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の証言を関係者に配るためだ。 二月十三日の上院銀行委員会に続く同議長の証言は、年二回の金融政策に関する定例議会証言の一環だが、証言内容のコピーなどいつもならさして緊張する作業ではない。だが、この日は違っていた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top