金正男拘束劇で連携した英MI6と公安調査庁

執筆者: 2001年5月号
タグ: 北朝鮮 日本
エリア: ヨーロッパ アジア

 北朝鮮の金正日総書記の長男、金正男氏の身柄拘束劇の背景に、英国の情報機関が深く関与していたことが、明らかになった。 治安筋によると、身柄拘束に直接つながる情報をつかんでいたのは英国のMI6で、日本側には公安調査庁に伝えられたという。「英国側との人的なつながりによるもので、リストラ官庁のトップに挙げられてきた同庁にとって、大金星」(政府筋)。 同庁は、入管当局と身柄拘束に向けた極秘オペレーションを始めた。 治安筋は、「同庁は英国側から、『金正男』の最新の写真なども事前に入手。綿密な計画の下で、男性の身柄を拘束した」と解説する。

カテゴリ: 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top