イランへの世銀援助再開で孤立深める米中東外交

執筆者: 2001年5月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 北米

 世界銀行がイランに対して、今後二年間で七億五千五百万ドルの開発援助を供与する「j計画」が明らかになった。対イランでは日本が七年ぶりに七十五億円の円借款供与を再開するなど各国はイランのハタミ政権取りこみに躍起になっており、米国だけが取り残される気配が濃厚となっている。 世銀のイラン援助はイラン革命で途絶えていたが、九一年に再開された。今回は世銀のウォルフェンソン総裁自らがテヘランを訪問し、その後に援助計画を表明した。イランをめぐってはイランが保有する旧ソ連製のミサイル部品の輸出をロシアが再開し、イラン自身が長距離ミサイルの開発を進めている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top