政府高官をも凌ぐ金正日「親衛隊」の特権

執筆者: 2001年6月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

 北朝鮮ウォッチャーの間で金正日総書記が狙撃されたとの未確認情報が流されているが、そんな中で金総書記の護衛部隊の存在が明らかになった。治安筋によると、これまでは人民軍護衛総局が警護の主体とされていたが、同総局とは別組織として「親衛隊」とされる部隊が、金総書記の警護にあたっているという。「親衛隊」の正式呼称などは明らかではないが、二千五百人規模の部隊で、出自、学業成績、軍事教練など最優秀のメンバーを選抜、特別な訓練を経た最精鋭部隊とされる。警護は二十四時間体制。隊員は約十年単位の任務中、家族との音信も禁止されて極秘部隊として任務を遂行するという。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top