ネパール国王射殺事件 背後にインドの謀略説

執筆者: 2001年6月号
タグ: インド 事件

 ネパールの国王一族射殺事件をめぐってはさまざまなうわさが飛びかっているが、新たにインドによる謀略説が取り沙汰されている。ニューデリーの外交筋によれば、事件の背後には最近のネパールの対中接近を重大な脅威とみるインドの国家利益が絡んでおり、同国情報機関が暗躍したふしがあるという。 インドは中国との軍事的緊張から、伝統的にネパールを「緩衝地帯」とみなす政策をとってきたが、今年に入り遅浩田国防相、朱鎔基首相ら中国首脳が相次いでカトマンズ入りしたことで、ネパールのインド離れが本格化すると強く懸念。 インド情報機関は以前から、故ディペンドラ皇太子(当時)が結婚を望んだ相手とされるデブヤニ・ラナさんを懐柔し、ネパール王室の内部情報をつかみ、“親中派”のビレンドラ国王(同)の暗殺や追放の機会をうかがっていたという。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top