パリ発レポート 知られざる「ミューズ」たち

執筆者:高松弥生 2001年9月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: ヨーロッパ

ブランドイメージ「維持と創造」の現場から膨れ上がる「買い付けビジネス」「アー・ユー・ジャパニーズ?」――パリ一番の目抜き通り、シャンゼリゼ大通り。日本人女性が歩いていれば付近でこんな声をかけられることは日常茶飯事だ。 同地区内には五百メートルあまりを隔てて高級皮革・衣料ブランド「ルイ・ヴィトン」のブティック三店が店を構える。赤茶色をした同ブティックの紙袋を手に、英語で話しかけるのはアジア人のグループ。同社の商品カタログを手に「一人一品限りと言われ家族向けにお土産が買えなかった」と切り出す。「代わりに買ってくれないか。日本人は顔だから買えるでしょう」。代金相当の現金数千フランを片手に頼み込む彼らに、とまどいながらも引き受ける日本人は少なくない。店から出てきたところで商品を受け渡し、いくらかのお礼を受け取る。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top