“ドコモの軛”から逃れ始めた携帯電話メーカーの思惑

執筆者: 2001年9月号
タグ: 日本 ドイツ

「NTTドコモのお抱え=勝者」の時代は終わるのか。第三世代携帯の主役を狙い、国内端末メーカーの動きが活発化している。 携帯電話の開発をテーマに、内外の主要企業が争うように連携に走っている。昨秋に東芝とシーメンス(ドイツ)が第三世代携帯電話(3G)の開発―生産―販売で全面提携したのを皮切りに、今年四月にはソニーとエリクソン(スウェーデン)が携帯電話事業自体の統合を表明。そして八月下旬には松下電器産業・松下通信工業とNECの国内一、二位メーカーが提携した。 日本はNTTドコモが今年五月末に世界に先駆けて3G「FOMA」の試験サービスを開始、十月一日に本格サービスに入る。試験サービスでは利用者から「つながらない」との不満が続出、携帯市場の急拡大の反動が世界的に顕著になってきたこともあり、その先行きを不安視する声も多い。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top