外資の目に晒されるゼネコンの「虚構」

執筆者:仲野陽太郎 2002年1月号
タグ: 日本

青木建設の破綻をきっかけに、世界から隔絶された日本の建設市場に風穴が開く可能性が出てきた。だが海外勢にとっての“参入障壁”は消えていない。浮かび上がる政府、企業、銀行の「罪と罰」――。 日本の建設市場に風穴が開こうとしている。“危ないゼネコン”筆頭格だった青木建設が昨年十二月ついに破綻したが、そのスポンサー(民事再生法下の支援企業)としてスウェーデン最大手ゼネコンのスカンスカ(本社ストックホルム)、独最大手のホッホティーフ(同エッセン)の二社が名乗りを上げたかと思うと、仏最大手ゼネコン、ブイグも日本市場参入準備に入るなど、ここに来て外資参入の動きが一気に活発化しているのだ。戦後、半世紀以上にもわたり国際競争から隔絶され続けた巨大市場に外資の影がひたひたと迫っている。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top