窃盗事件で露見した「将来戦闘機」の研究

執筆者: 2002年2月号
カテゴリ: 外交・安全保障 社会
エリア: 日本

 一台のパソコンが盗まれたことで、防衛庁が密かに進めてきた「将来戦闘機の研究」が明らかになった。かつて次期支援戦闘機(旧FSX、現在はF2)の開発をめぐり、米国との間で政治問題化したこともあっただけに、将来戦闘機計画が具体化すれば、やっかいな問題として浮上するのは確実だ。 パソコンは昨年十一月、名古屋の三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所から盗まれ、同社が警察に被害届を提出した。パソコンには防衛庁が発注した将来戦闘機の設計に使う模擬装置(シミュレーター)の関連データが入っていたが、「防衛秘密」は入力されていなかった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top