海賊に遭いたければスマトラ島北部海域へ

執筆者: 2002年2月号
カテゴリ: 国際

マレーシアのクアラルンプールにある国際海事局海賊情報センターは、昨年全世界で報告された海賊事件は三百三十五件で、うち九十一件がインドネシア海域で発生したとの報告書を発表した。 報告書は、インドネシア周辺海域が海賊の出没地帯であるとし、特にマラッカ海峡北のスマトラ島北部海域を「世界で最も危険な海域」と名指し。また、独立運動が続くアチェ特別州周辺海域では、独立組織「自由アチェ運動(GAM)」による海賊行為が多いとしているが、「GAMを装ったインドネシア治安当局の可能性もある」と踏み込んだ指摘をしている点が特に注目されている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top