読売「持ち株会社」移行で地方紙大買収が始まる?

執筆者: 2002年5月号

 読売新聞社が七月一日付けで持ち株会社制による経営体制へ移行することを打ち出し、新聞業界の話題になっている。「地方紙の買収に備えた受け皿づくりではないか」というのだ。 読売は現在、名古屋、西部(九州)での新聞発行とジャイアンツ経営を担当する「よみうり」と、東京・大阪の二本社という三社からなり、東京本社が実質的にグループの統括も担っている。だが、自ら新聞発行の現業を持っていては一部事業の利益相反などもあり十分な統括が行なえなかった。新たに設立される持ち株会社は渡辺恒雄社長がトップとなり、傘下の三社を公平に扱って、投資戦略や新規事業を活発化するという。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top