英ボーダフォンがJ-フォン完全支配に動き出す

執筆者: 2002年6月号
カテゴリ: IT・メディア 国際
エリア: ヨーロッパ

 若い携帯電話ユーザーの間では「切れるドコモ、キレるau、キレるJ-フォン」というのが合言葉だとか。ドコモは通話が途切れる、auはダサくてキレる、J-フォンの場合はセンスがキレる、のだそうだ。たしかに藤原紀香のCMや写メールの好調な売れ行きで、J-フォンにかつての万年最下位の暗さはない。しかし、業績が悪化する親会社の日本テレコムやそのテレコムを買収した英ボーダフォンは何を言い出すかわからない。同社の躍進は波乱の要素を含んでいる。「コングラッチュレーションズ!」――。四月五日深夜、東京都港区の愛宕山に聳えるJ-フォン本社。ダリル・グリーン社長(写真)以下数人の幹部が集まる一室にシャンパンを抜く音が響いた。この日、J-フォンの三月末の携帯電話累計加入台数が千二百二十三万二千台となり、二位だったauを二万台近く上回ったことが明らかになった。

カテゴリ: IT・メディア 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top