米国が進める対台湾「潜水艦供与」の裏側

執筆者: 2002年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾 北米

 アメリカの台湾への潜水艦供与計画が、着々と進んでいる。先月号(三十四頁)で既報のように、ドイツ最大手の造船会社HDWの株式七五%を米投資会社ワン・エクイティ・パートナーズ(OEP)が取得したのが発端。HDWは従来型のディーゼル潜水艦の製造では世界一の技術を誇る。HDW社の社主クラウス・レダーラーがドイツ首相府に対して極秘に行なった報告でも、米側の究極の目的が台湾へ供与する八隻の潜水艦の建造であることを認めている。 ドイツは独占禁止法違反の可能性が高いとして、欧州連合に提訴中だが、今年九月末まで延長された審理は、結局、買収を認める方向に落ち着くと見られる。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top