印パ対立を焚き付けるのはアル・カエダ?

執筆者: 2002年7月号
タグ: インド

 インドとパキスタンの軍事的緊張を煽っている“張本人”は、武装テロ組織アル・カエダではないかとの見方が出ている。 イスラマバードの情報筋によると、印パの係争地、カシミールのパキスタン側支配地アザド・カシミールには、アフガニスタンから逃れてきたアル・カエダのメンバー数百人が潜伏、イスラム過激派組織と行動をともにしている。 五月末のパキスタンの三度にわたるミサイル実験でインド側の反発が高まったのを受け、パキスタンのムシャラフ大統領は情報機関、軍統合情報部(ISI)に命じてアザド・カシミールでイスラム過激派各派の指導者を一堂に集め、インド側への越境テロを一時停止するよう要請した。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top