【インタビュー】ウェンディ・シャーマン 米国・前特使が語る北朝鮮政策の成果と懸念

クリントン政権時代、アメリカは北朝鮮とどう向き合ったのか。対朝政策を担った大使が今だから明かす交渉の実際。 ウェンディ・シャーマン氏は、クリントン政権で国務省顧問に就任。ペリー元国防長官の後を受けて北朝鮮特使を務め、アメリカの対北朝鮮政策を担った。現在は戦略コンサルティング会社オルブライト・グループ代表の座にある。めったにメディアに出ない前特使が『フォーサイト』のインタビューに応じた。聞き手はブルース・ストークス氏。シャーマン氏の夫である。ストークス 最初に北朝鮮を訪問した時の印象はどうだった?

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top