グルジア次期大統領候補に「意外な名前」

執筆者: 2002年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 隣国ロシアとの関係がしっくりいかないグルジアが、NATO(北大西洋条約機構)加盟に向け布石を打ち始めている。その一つが、九〇年代に米軍の統合参謀本部議長を務めたグルジア系のシャリカシビリ氏(六六)を米国から呼び寄せ、二〇〇五年に二期目の任期が切れるシェワルナゼ大統領の後任に据えようとする動きだ。 グルジア国家安全保障会議は八月、NATO加盟を国策として決定し、準備を開始。これを機に、議会の中からシャリカシビリ氏待望論が高まり、大統領選出馬の前段として来年の議会選挙への立候補を要請する見通しとなった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top