ボーダフォンが目論む欧州携帯電話の新秩序

執筆者: 2003年1月号
カテゴリ: IT・メディア 国際
エリア: ヨーロッパ

 世界で一億人を超える加入者を誇る携帯電話最大手、英ボーダフォンが日本で三位のJ-フォンの経営権を握って一年。欧米アジア二十八カ国にビジネス展開する同社のクリストファー・ジェント社長がJ-フォンから吸い上げたのは「写メール」などの先進技術だけではない。「王冠の真珠」と評する日本市場での経験をもとに、携帯電話の世界秩序を揺るがしかねない動きを始めた。 二〇〇二年十月末、欧州の携帯電話市場で、ひとつの「革命的製品」が登場した。この端末はシャープ製のカメラ付き携帯電話「GX10」。ボーダフォンが同月開始した携帯電話によるマルチメディアサービス「ボーダフォン・ライブ!」の主力となる機種だ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top