ムスリムの急増が呼び起こす都市化、流動化、そして過激化

社会の発展が伴わなければ、不満だけが膨張していく恐れがある。 とめどなく増えるように見えるイスラム教徒(ムスリム)の人口。「文明の衝突」の原因となるかどうかはともかく、百二十―百三十億人といわれる「地球の人口収容能力」の限界を考える上でも、重要なファクターとなってきた。 一九〇〇年に二億人弱(世界人口の一二・三%)だったムスリム人口は、一九五〇年には三億人強(同一三・六%)、二〇〇〇年には約十二億人を数えるまでになった。キリスト教徒にはまだ及ばないが、いまや世界人口の五人に一人がムスリムである。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top