ミンダナオ島爆弾テロはイスラム過激派の新戦略

執筆者: 2003年4月号
カテゴリ:
エリア: アジア

 フィリピン南部ミンダナオ島のダバオ空港で三月四日、爆弾テロ事件があり、二十人以上が死亡した。治安当局はダバオ周辺地域で活動を続けるイスラム過激組織モロ・イスラム解放戦線(MILF)の犯行とみて、関係者の拘束や捜査を始めている。 捜査の過程では、MILFのメンバーとみられる男性が爆弾で死亡していることがわかり、自爆テロの可能性も一時検討された。結局は巻き込まれての死亡のようだが、プラスチック爆弾C4とみられる強力な爆弾を使用し、さらに、ルソン島などを拠点とする共産主義武装勢力、新人民軍(NPA)が背後でMILFと連絡を取り合っていた可能性も浮上している。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top