フセイン大統領に今度は東南アジア潜伏説

執筆者: 2003年6月号
カテゴリ: 国際

 日本政府関係者によると、外務省はフセイン大統領がロシアのプーチン政権による庇護の下、東南アジアに極秘に逃れ、潜伏しているとの情報をロシア関係筋から入手した。専門家筋は懐疑的だが、プーチン政権とフセイン政権の“癒着”はイラク戦争前からとりざたされていた経緯もあり、日本政府関係者は「あながち無視できない」と注目している。 フセイン大統領の行方をめぐっては首都脱出説、イラク国内での地下潜伏説、爆死説などさまざまな情報が錯綜しているが、ロシア関係筋の情報によれば、東南アジアのマレーシアかインドネシアに潜伏しているという。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top