ユニバーサルを売ってもビベンディの縮小均衡は続く

執筆者: 2003年10月号
エリア: ヨーロッパ

 経営再建中のビベンディ・ユニバーサルが再建に向けて一つヤマを越した。同社の娯楽部門、ビベンディ・ユニバーサル・エンターテインメント(VUE)を推定百億ドルで米NBCに売却することが決まったからだ。五月末のグループ全体の負債総額は百六十億ユーロだったが、二〇〇四年にVUEが予定通りNBCに売却されれば、負債はだいぶ軽くなる。 VUEの売却でビベンディに残された事業は通信部門のセジェテル、音楽のユニバーサル・ミュージック、衛星放送のカナル・プリュス、ゲーム部門のみとなった。フルトゥ会長は「ビベンディという社名は消えていく。通信部門の比重が大きくなることを考えると社名はセジェテルがふさわしいかもしれない」と記者会見で語った。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top