中国がベトナムに求める「カムラン湾」租借

執筆者: 2003年11月号
タグ: 中国

 中国がベトナムに対し、ロシア軍が撤退したカムラン湾の海軍基地の租借を認めるよう働きかけを強めている。ベトナムは、現段階では外国への供与を拒否しているが、米国も基地使用の機会をうかがっており、水面下での駆け引きは激しさを増している。 カムラン湾基地はベトナム海軍の管理下に置かれ、飛行場は改修の上で二〇〇四年から民間機に開放される。リゾート地ニャチャンへの外国人観光客のアクセスが容易となり、基地の一部は経済開発区として運用する方針だ。 ベトナムは冷戦の遺産である同基地を、軍事より経済に生かす意向だが、同じ社会主義国として緊密な関係にある中国の執拗な圧力に苦慮している。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top