「世界トップ」になったTCLを待つ課題

執筆者:五味康平 2003年12月号
タグ: 中国
エリア: 中国・台湾

 テレビ生産量で中国第二位の大手家電メーカー、TCLが米「RCA」ブランドなどを傘下に持つ仏トムソンとテレビ・DVD(デジタル多用途ディスク)事業を統合することを決めた。TCLの決断は、ふたつの意味で今後の中国製造業の経営モデルになる可能性が高い。 第一は、低価格のみを武器として成長してきた中国メーカーの限界突破戦略だ。中国は外資メーカーからの技術導入、模倣で市場に後発参入、大量生産による価格引き下げで台頭してきた。家電などでは保証、補修などサービスのよさも一部売り物にはしているが、研究開発の手間とコストは省いているため、独自製品は少なく、ブランド力も弱い。その結果、四川長虹電器、TCL、康佳など大手ですらテレビで利益をあげられない構造がこの数年続いている。統合によってトムソン、RCAの有力ブランドを欧米で使えるようになれば、安売りだけに頼らず収益を確保する道を切り開ける。

カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top