覇権主義と派遣主義

執筆者: 2004年1月号
エリア: 中東 アジア

 イラク戦争に大義がないと感じる人が五割を超えた。フランスやドイツの話ではなく、ほかならぬ米国の世論調査だ。泥沼のイラク情勢に冷静な米国人はベトナムの悪夢を重ねる。唯一の超大国になった米国は、なぜか自信なさげにさらなる「覇権」を求めて疾走する。身体をつなぎとめるゴムの収縮力が弱まったバンジージャンプのように、元へは戻れない。 そのイラクへ自衛隊を送る。「国益」という得体の知れぬもののために。広大な砂漠の地に六百人ばかりの自衛隊が出掛けて行って、何ができるのか。装甲車ひとつ満足に運転できるかどうかさえわからないのだ。たとえ、役に立たなくてもいい、行くことに意味がある、ということだろう。初めに「派遣」ありきなのである。その前提での調査団の調査だから、「南部の治安は比較的安定」となるに決まっている。

カテゴリ: 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top