総選挙で相食む「メガワティとその姉妹」

執筆者: 2004年1月号
タグ: 大統領選

 二〇〇四年四月五日のインドネシア総選挙に、メガワティ大統領の妹二人が党首を務める二党が参加する。いずれも「反メガワティ」を掲げていることから、三姉妹による選挙戦が繰り広げられることになった。 独立の父、故スカルノ大統領の長女メガワティ大統領は第一党の闘争民主党党首として次回選挙でも第一党の座を守り、七月の大統領選で再選されることを目指している。これを阻止しようと、二女ラフマワティ氏が先駆者党、三女スクマワティ氏がマルハエン主義国民党を率いて闘いを挑む形だ。どちらも「メガワティ大統領は父スカルノの政治理念を正しく継承していない。真に国民の側に立った政治が今求められている」と、政権交代を訴えている。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top