深層レポート 日本の政治
深層レポート 日本の政治 (49)

自衛隊派遣、進まぬ三大改革「重圧」の中で迎えた首相の新年

執筆者: 2004年2月号
エリア: アジア

 この一年の永田町の変化を象徴するのは目立って増えた警察官の姿だろう。昨年三月のイラク戦争開戦以来、警察庁は過去最大規模の態勢で全国約六百五十カ所の重要施設警備を継続している。その最重要ポイントが首相官邸や国会、自民党本部などが密集するこの界隈だ。道路を遮断できる伸縮式の防護棚が何重にも設置され、窓を金網で覆った警察車両が所狭しと路肩に並ぶ。指示があれば、いつでも道路を完全封鎖できる態勢だ。 イラク戦争支持から自衛隊派遣へ。官邸の主、小泉純一郎首相がイラク問題への関与の度を強める度に警備陣は物々しさを増してきた。最近の厳戒態勢を目の当たりにし、首相はいよいよ後戻りできない所まで来たと実感しているはずだ。

カテゴリ: 政治 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top