東芝のパソコン事業をサムスン電子が買収?

執筆者: 2004年3月号
タグ: 日本 韓国
エリア: アジア

 東芝のパソコン事業が泥沼にはまり込んでいる。この一月には今年度通期の業績予想の営業赤字額を従来の二百十億円から二百六十五億円に下方修正した。 東芝を含む日本のメーカーを悩ませているのは部品不足と調達コストの上昇だ。パソコン需要の回復や液晶テレビ人気で液晶パネルが品不足に陥り、調達価格が高騰しているほか、記憶装置のハードディスクドライブも品薄。製品への価格転嫁を迫られている日本勢は「低価格攻勢を続けるヒューレット・パッカードやデルなどの米国企業に価格競争力で引き離されつつある」(大手メーカー幹部)。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top