モスクワ地下鉄テロでチェチェン独立派に亀裂

執筆者: 2004年3月号
エリア: ロシア

 二月六日のモスクワ地下鉄爆破テロ事件で、ロシアからの分離独立を目指すチェチェン共和国独立派内部に路線対立が起きているとの観測が強まっている。 プーチン大統領は事件直後、「マスハドフ(元チェチェン大統領)一派の犯行だ」と決めつけたが、武装勢力内では穏健派であるマスハドフ派は関与を否定し、ロシア政府との交渉を呼びかけた。地下鉄テロを実行したのは、強硬派のバサエフ野戦司令官の一派とする見方が有力だ。 バサエフ派は二〇〇二年のモスクワの劇場占拠など一連の無差別テロを仕掛けてきたが、マスハドフ派はこれに批判的だという。米連邦捜査局(FBI)もバサエフ司令官を監視リストに加えたが、マスハドフ氏は加えていない。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top