「リビングルームの覇権」は誰の手に

執筆者: 2004年3月号

デジタル家電分野でマイクロソフトが攻勢に出ている。ソニーをはじめ迎え撃つ日本勢に勝機はあるか。 米マイクロソフトが圧倒的な技術開発力と豊富な資金力にモノをいわせてデジタル家電分野で攻勢をかけ始めた。パソコンは欧米で市場の飽和がささやかれるが、薄型液晶テレビやDVD(デジタル多用途ディスク)レコーダー、デジタルカメラに象徴されるデジタル家電は世界的に売れ行きが好調で、ハイテク業界の新たな成長のリード役になるとの期待もある。「リビングルームの主役」の座を巡り、ソニーなど日本の大手家電、AV機器メーカーとの主導権争いが熱を帯びてきた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top