「ベラルーシ併合」でプーチン三選?

執筆者: 2004年4月号
エリア: ヨーロッパ

 プーチン政権で影響力を増す諜報機関出身のシロビキと呼ばれる強硬派を中心に、ロシアが隣国ベラルーシを併合する計画が密かに練られている。決行は二〇〇八年春。今回の大統領選挙で再選されたプーチン大統領の二期目の任期切れに照準を合わせる。 現行ロシア憲法では大統領任期は二期八年まで。下院で与党「統一ロシア」が圧倒的多数を占め、憲法修正によるプーチン大統領の任期延長も可能だが、国際社会から民主化後退と独裁化への猛批判を受けることは必至。そこで「ロシア・ベラルーシ連邦」という新国家の「初代大統領」として権力の座に居座ろうというわけだ。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top