モスクワ地下鉄テロが中東カタールに飛び火

執筆者: 2004年5月号
エリア: 中東 ヨーロッパ

 死者四十人以上を出した二月のモスクワ地下鉄テロ事件がロシア国内外に余波を生んでいる。 まず、事件そのものについてはチェチェン独立派とみられる「ガゾタン・ムルダシュ」なる組織がネット上の独立派系サイトを通じて犯行声明を出した。この組織は無名の存在で、穏健派のマスハドフ元チェチェン共和国大統領や強硬派のバサエフ野戦司令官らとは一線を画す新派閥との説が浮上。ロシア治安当局はチェチェン対策の大幅見直しを迫られそうだ。 一方、地下鉄テロ事件後、ヤンダルビエフ元共和国大統領代行が中東カタールで暗殺された。「地下鉄テロへのロシアの報復」(イズベスチヤ紙)との見方が強く、カタール当局はロシア情報機関員ら三人を逮捕した。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top