中国潜水艦事故で漏れ続ける機密

執筆者: 2004年7月号
タグ: 中国 台湾 ロシア
エリア: 中国・台湾

 乗員七十人全員が死亡した中国海軍の潜水艦事故は、新型シュノーケル(吸排気管)を導入試験する際に発生したことを中国軍事筋が明かした。 海軍北方艦隊所属のディーゼルエンジン推進型潜水艦、明級「361」(艦名=遠征61号)は昨年四月十六日頃、黄海上で事故を起した。新型シュノーケルは昨年初めにロシアから供与されたばかりだったという。 台湾作戦を睨む中国海軍は、ロシアの新鋭艦導入を急いでいるが、契約分を含めても十二隻しかない。一九五九年に就役した旧ソ連のロメオ級を大幅改造し、中国では七四年に就役した明級など、西側では退役するような旧式艦も使わざるをえないのだ。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top