ASEANを怒らせるEUの「ミャンマー嫌い」

執筆者: 2004年8月号
カテゴリ: 国際

 ハノイで十月上旬に開催されるアジア欧州会議(ASEM)首脳会議を前に、ASEMへのカンボジア、ラオス、ミャンマーの三国同時加盟を求める東南アジア諸国連合(ASEAN)と、欧州連合(EU)の対立が深刻化している。EUが先の「拡大」で加わった中東欧十カ国のASEMへの加盟を要求しながら、ミャンマーの加盟は拒否しているためだ。 EUは、民主派勢力への弾圧を強めるミャンマー軍政当局のみならず、ASEANの「連帯責任」を問う腹で、七月と九月に欧州で開催予定だったASEM閣僚会合の中止を決定。一方、域外からの内政干渉を極端に嫌うASEANはEUに対抗心を燃やし、一斉にミャンマー擁護に回っている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top