バングラデシュから始める「未来の医療」

執筆者:森田知宏 2017年12月8日
カテゴリ: 国際 医療 社会
ロヒンギャ難民も流入し、バングラデシュではますます医療の拡充が求められる(C)AFP=時事

 

【筆者:森田知宏相馬中央病院内科医

 私は、途上国での医療サービスを手掛ける「株式会社miup(ミュープ、代表取締役・酒匂真理)」のメンバーとして、南アジアのバングラデシュでの医療サービスを立ち上げる準備をしている。その調査のため、10月に現地へ行った。驚いたのは、ライドシェアサービス「Uber」、ドイツのフード宅配サービス「Foodpanda」など、スマートフォンベースのサービスが普及していたことだ。空港でタクシーを手配せずともUberで呼んだ車に乗って市街までたどり着くことができた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
森田知宏 相馬中央病院・内科医。1987年大阪生まれ。2012年東京大学医学部医学科を卒業し、亀田総合病院にて初期研修。2014年5月より福島県の相馬中央病院内科医として勤務中。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top