「州議会選」で苦戦したインド・モディ首相「2018年選挙イヤー」勝敗の行方

執筆者:緒方麻也 2017年12月28日
根強い支持はあるが安泰ではないモディ首相(C)AFP=時事

 

 国父マハトマ・ガンディーや初代副首相サルダール・パテルらを輩出したインド西部グジャラート(GJ)と、ヒマラヤ山ろくの北部ヒマチャルプラデシュ(HP)両州で12月中旬、議会選の開票が行われた。HP州ではナレンドラ・モディ首相率いる連邦与党・インド人民党(BJP)が過半数を制して国民会議派から州政権を奪ったが、グジャラート州ではこれまで衰退傾向にあった会議派が予想外の健闘を見せ、農村部ではBJPを上回る議席を獲得した。このことは、モディ政権による一連の経済改革「モディノミクス」が、農村部では十分に評価されていない現状を示しており、2019年総選挙で勝利して政権続投を狙うBJPにとってはやや不安な材料と言えそうだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top