深層レポート 日本の政治
深層レポート 日本の政治 (230)

3回目ワクチン迷走の責任は岸田「ボトムアップ政治」にあり

2022年2月8日
タグ: 日本 岸田文雄
エリア: アジア
施政方針演説に臨む岸田首相(新潮社)
3回目のワクチン接種の遅れは誰の責任なのか。実務の多くを担う厚労省に、能力不足が指摘される堀内ワクチン担当大臣、そして「ボトムアップ型」の政治が裏目に出た岸田首相。内閣支持率は下落し、安泰と思えた夏の参院選にも悪影響が出かねない状況だ。

 

 新型コロナウイルスワクチンの3回目接種の遅れが目立ち、岸田文雄内閣のアキレス腱となり始めている。ペースは欧州などと比べて10分の1程度の低水準にとどまり、感染力の強いオミクロン株の感染爆発に対応できていない。接種間隔の前倒しに慎重だった厚生労働省に判断を丸投げしていたことや、堀内詔子ワクチン担当相の動きの鈍さが仇になり、好調だった内閣支持率にも陰りが見え始めている。

岸田首相の苦し紛れの答弁

「2回目接種との間隔を空けなければいけない。こうした事情の中で、いよいよ今、本格的に第3回目の接種がスタートする。1日100万回という目標を掲げてしっかりと進めていく」

この記事だけをYahoo!ニュースで読む>>
カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top