イラク「スーダーニー政権」を脅かす「サドル師」の動向

IN‐DEPTH【ニュースの深層】

2022年11月9日
カテゴリ: 政治 社会
エリア: 中東
スーダー二ー新首相は政治混乱をおさめられるか(C)AFP=時事
昨年10月の総選挙以降、政治が空転していたイラクで、スーダーニー政権が発足した。議会内の主要勢力を包括する挙国一致内閣だが、参加を拒否した政治・宗教指導者サドル師の一派は、スーダーニー政権を脅かしかねない「リスク」として存在し続けている。

 2021年10月の議会選挙以降、政府の発足が1年以上遅れていたイラクにおいて、22年10月28日にムハンマド・シヤーウ・スーダーニー氏が率いる政権が発足した。

 スーダーニー新首相は親イランのシーア派政治勢力の連合であるシーア派調整フレームワーク(SCF)が推薦した候補であり、スーダーニー政権はSCF主導の内閣となっている。もっとも、政権には多様な政治勢力が参加しており、各勢力に閣僚ポストが配分された挙国一致内閣となっている。

この記事だけをYahoo!ニュースで読む>>
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top