謎のテロリストザルカウィの素顔

執筆者:木辺秀行 2004年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

[アンマン発]治安悪化に歯止めがかからないイラクで、米軍が血眼になって行方を追う人物がいる。アブムサブ・ザルカウィ。ヨルダン出身で国際テロ組織アルカーイダとつながりを持つ三十八歳のテロリストだ。 ヨルダン大使館爆破テロ、国連事務所爆破テロ、米民間人ニック・バーグ氏殺害、韓国人ビジネスマン金鮮一氏殺害……。戦後のイラクでザルカウィが関与したとされるテロ事件は枚挙にいとまがない。その知名度と影響力はいまやオサマ・ビン・ラディンに比肩する。 ヨルダンの首都アンマンから東に車でおよそ一時間の距離にあるザルカウ村が出身地だ。本名はアハマド・ファーデル・ハライラといい、ザルカウィという通称は「ザルカウ村の出身」であることを示す。アブムサブはアラビア語で「ムサブの父」で、息子ムサブの誕生後に「アブムサブ」を名乗り始めた。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top