イコンの返還は東西キリスト教会の和解の兆しか

執筆者: 2004年11月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ ロシア

 今年八月二十八日。東方正教会典礼暦で聖母被昇天の祝日にあたるその日、ロシアの首都モスクワで、東西キリスト教会が和解に向けた新たな一歩を踏み出した。ローマ法王庁が保管していたロシア正教の代表的聖画像「カザンの聖母」の寄贈式である。「今回のイコンの帰還は東西のキリスト教会の対話と、歴史の溝を越えた相互理解への歩みを示すものになるだろう」(ロシア正教会の最高指導者アレクシー二世総主教)「キリスト教徒の間は残念ながら分裂したままだが、この聖なるイコンが、神の御子の弟子たちの一致の象徴となるように祈る」(バチカンの最高指導者ローマ法王ヨハネ・パウロ二世)

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top