誰がやっても難しい「グリーンスパンの後継」は誰?

執筆者: 2004年12月号
エリア: 北米

[ニューヨーク発]今年最大の焦点だった米大統領選挙がブッシュ再選で早期決着し、市場の混乱を警戒していたウォール街は安堵感に包まれている。来年の米経済や相場動向に思いを巡らせる市場関係者にとって、今後の最大の関心事がアラン・グリーンスパン連邦準備制度理事会(FRB)議長の後継問題だ。 米中央銀行制度の最高意思決定機関であるFRBは、議長と副議長を含む定員七人の理事(現職五人)で構成される。FRB議長の任期は四年で大統領が上院の承認を経て任命。金融政策を実際に決定する連邦公開市場委員会(FOMC)は、FRB理事と五人の地区連銀総裁が参加して年八回開催され、FRB議長はFOMC委員長として会合を取り仕切る。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top