帝国陸海軍の相克を超える陸・海・空自衛隊の統合

執筆者: 2013年5月13日
エリア: 日本

 大東亜戦争開戦前において帝国陸軍は、ロシア(革命後はソ連)を仮想敵として大陸に軍事力を指向した。他方海軍は、軍事予算獲得のためとも言われるが、仮想敵をアメリカとして太平洋に軍事力を展開した。これは、「オレンジプラン」が日本を仮想敵としたアメリカの「戦争計画」であったのだから見当違いではない。

 こうして帝国陸海軍は、開戦後、その作戦の多くを陸・海軍協同することなく進めた。国力・軍事力共に米軍を旗頭とする連合軍に劣勢であった状態で、しかも陸軍、海軍それぞれが勝手な戦いを展開したのであれば勝ち目も薄く、いたずらに軍事力の損耗を招くのは当然であった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top