保守主義の「起点」ラッセル・カークに遡る

執筆者:会田弘継 2005年5月号
エリア: 北米

 ブッシュ政権を突き動かしている思想は「保守主義」だとだれもが思っているが、本当なのだろうか。 たとえば、ブッシュ大統領の選挙参謀として有名なカール・ローブが、この二月に開かれた政治団体「保守政治活動会議(CPAC)」年次総会の講演で次のように語っているのを、どう考えたら良いのだろうか。「ブッシュ大統領は人々の自由の拡大を力強く主張してきた。もとはといえば、リベラル(進歩派)の得意分野だ……理想主義の衣鉢をわれわれ(保守派)が奪いつつある……かつて保守主義運動は反動的な活動だった。今日の保守主義運動は歴史をつくり出す側になった」

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
会田弘継 関西大学客員教授、ジャーナリスト。1951年生まれ。東京外語大英米語科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを務め、現在は共同通信客員論税委員、関西大学客員教授。近著に『破綻するアメリカ』(岩波現代全書)、『トランプ現象とアメリカ保守思想』(左右社)、『増補改訂版 追跡・アメリカの思想家たち』(中公文庫)など。訳書にフランシス・フクヤマ著『政治の衰退』(講談社)など。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top