日本の森林再生に「残された時間」は十年しかない

執筆者:梶山恵司 2005年6月号
カテゴリ: 社会
エリア: 日本

真っ暗な森に生えるもやしのような木――日本の森林は崩壊寸前だ。疲弊した林業を復活させ、森の恵みを取り戻すための処方箋を提示する。 わが国は国土の三分の二(二千五百万ヘクタール)を森林が占めるほど森林資源に恵まれた国であり、先進国の中で森林率がこれほど高い国は、北欧以外には存在しない。ところが、その四割を占め、われわれにも身近な人工林が、いまや崩壊の危機に瀕している。林業の疲弊からいまでは間伐もほとんどなされず、真っ暗で下草も生えない、もやしのような森林ばかりになっている。このままでは、戦後、荒廃した山地に植林し、一千万ヘクタールにおよぶ人工林資源を築いてきたせっかくの苦労が水泡に帰すばかりか、森林崩壊の危険性が増すなど、取り返しのつかない事態に陥りかねない。

カテゴリ: 社会
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top