マラッカ海峡に中国の潜水艦基地?

執筆者: 2005年7月号
タグ: 中国

 中国が、マラッカ海峡上のインドネシア領の島に潜水艦基地を建設しようとしている。 今年一月、ワシントン・タイムズ紙が報じた米国務省の内部リポートでは、中国はパキスタンやバングラデシュ、ミャンマー、カンボジア、タイ、南シナ海の島などに潜水艦用の基地や施設を設けているとされていた。だが、そこにインドネシアは含まれていない。 中国側の表向きの言い分は、ペルシャ湾と中国とを行き来する原油タンカーの航路であるシーレーンの防衛や、マラッカ海峡周辺のイスラム勢力を睨んでの反テロ活動など。だが、国際軍事筋は、台湾有事の際に米国がとると目される中国のエネルギー輸入阻止工作を牽制することこそが、中国の真の狙いだと読む。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top