日本に必要な「海兵隊的機能」とは何か?

執筆者: 2013年9月30日
タグ: 自衛隊 北朝鮮

 7月26日に防衛省が発表した「防衛力の在り方検討に関する中間報告」によると、島嶼部に対する攻撃への対処能力の向上のため「機動展開能力」や「水陸両用機能(海兵隊的機能)」を充実・強化について検討するという。

 「海兵隊」という言葉で我々が思い浮かべるのは、米国の海兵隊のことである。しかし、米国の海兵隊は世界的に見れば「例外中の例外」の存在と言わねばならない。海兵隊を有する国家の殆どのそれは、海軍の1機能、すなわち海軍陸戦隊に近い。米国海兵隊の特徴は、(1)少数精鋭の志願制 (2)緊急展開能力、不測事態への即応態勢に優れている(3)戦力構成のバランスが戦う機能に偏っている(4)国内より国外(遠征軍)に重点をおいている――などである。

カテゴリ: 外交・安全保障
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top