ベトナムに急接近する中国 そして日本は取り残される?

執筆者:松本毅 2006年1月号
カテゴリ: 国際

近年、日本が友好関係構築に励んできたベトナム。そこには、勢力拡大を図る中国に対抗する狙いがあった。[ハノイ発]北京、上海など中国主要都市で二〇〇五年四月、相次いで発生した反日デモによって、一気に注目を集めるようになったベトナム。中国への一極集中リスクの大きさを肌で感じた日本企業関係者が、連日のように事業可能調査を目的にベトナムを訪れる。清水建設など現地に事務所を置く日系の大手建設会社へは工場建設の見積もり依頼が前年の三倍以上の件数で寄せられるほど。観光客の増加もあり、ハノイやホーチミンの主要ホテルは予約がほとんど取れない状況が続いている。ちょっとしたベトナムブームの到来だ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top